❖ 店舗情報      ❖ 
IMG_9465
住所 
 大阪府東大阪市花園東町2-5-31  
TEL. 
 072 915 7072           
定休日
 不定  
営業時間  
 11:00~15:00  
   
駐車場
 なし
MENU

IMG_9470
IMG_9467
IMG_9468
IMG_9469
MEMO 
’15年3月にオープンと共に人気店となり、
’20年3月に近くに移転オープンされた列が絶えないお店。
date:21.7.16



🍜 ご 対 麺 🍜

IMG_9472

【熟成中華そば】
¥830

『煮卵 ¥80』
コール:チャーシュー=ロース
 
 レギュラー 数量 季節 期間 限定 催事 
メニュー


▢ スープ  
《醤油ベース 鶏》
濃口と思われる醤油ダレと鶏出汁を合わせている
IMG_9481
IMG_9482
濃度 
 L ★★★ H
 (清湯 = あっさり ↔ 濃い)
 (白湯 = さらり ↔ ドロリ)

▢ 麺  
《中細 ストレート》
強いコシを備えた風味豊かな自家製麺
IMG_9485
IMG_9483
太さ
  L ★★ H
        (細・中・太)

▢ トッピング   
・チャーシュー
解ける様にホロッと崩れる柔らかい歯応えから、
肉の旨味活かした優しい味わいが広がる
IMG_9479
IMG_9488

・メンマ
繊細感じるシャキッとした柔らかい歯応えから心地良い渋みと共に程良い味付けの旨味が溢れ出す
IMG_9477

・煮卵
コクの強いまろやかな黄身に程良く染み込んだタレが旨味を引き立てている
IMG_9487

《その他》
・ナルト ・ネギ
IMG_9475
IMG_9476


*トッピングはデフォオプションで色分けしております。

▢ サイドメニュー  

 なし


★ 寅レポ       ★  

屋号が示す様に醤油の存在感が見た目から伝わってくるスープは心地良い胡椒の香ばしさと刺激に、
まろやかな油分の厚みと深いコクと引き締めるシャープなキレを備えたインパクトのあるかえしのパンチ力が、
クリアに伝わる鶏のふくよかな旨味を押し上げて厚みのあるボディを構築しています。
みずみずしい艶を纏った肌の麺は細めながらもコシの強さからも伝わる弾力ある歯応えとパツリと入る歯切れから、
麺自体の香ばしさと味わいが広がりをみせながらスープの風味と旨味もしっかりと引き立てて、
徐々にスープを吸って柔らかくなるに連れて口溶けが良くなって一体感のある味わいへとシフトしていきます。
醤油を軸としたアグレッシブな味わいを主張するスープを、
バランスの取れた自家製麺がしっかりと受け止めている、
風味と旨味を活かした構成で深みのある味わいに仕上げた醤油ラーメンを頂きましたっ!



↓ のーてん人生 寅ノ巻 ~拉動乃章~ ↓

当ブログを動画で見られる様にしておりますので是非ご覧下さい!



チャンネル登録もお願いします♪



◈ エンディングトーク ◈ 

タロウ ■ この辺りも河内にあたるんやな。

寅 ■ ラグビーの聖地で有名や。
 


キュピーー★ーーン!!

o0220016913434124360
 
『馬鹿殿??』


寅 ■ 花園や! 誰が馬鹿殿やねん?!


🔳 のーてんの寅 NEWS 🔳

『SARAH JAPAN MENU AWARD 2020』 
関西ラーメン部門の審査員をさせて頂きました。 皆様の食べ歩きの参考になれば幸いです。 是非ご覧下さい。
                      
(画像にリンク添付)
         IMG_4525


★ のーてん人生 寅ノ巻シリーズ(SNS)  ★
 *各項目下線部にリンク添付
『SARAH』一皿乃章ひとさらのしょう
  ●ラーメンを中心にスイーツやその他のグルメをUPしており、
  2017年より関西ラーメン部門の審査員をさせて頂いております。 
『Twitter』呟板乃章つぶやいたのしょう
  ●ラーメンメインですが、その他のグルメや日常の事も呟いています
『Instagram』麺映乃章めんばえのしょう
  ●ラーメンのみのレポートをさせて頂いております
『食べログ』食遍録之章たべろくのしょう
  ●ラーメンのみのレポートをさせて頂いております
 『amebaブログ』麺遊之章めんゆうのしょう
  ●当ブログの前のメインブログとして更新しておりましたが、Instagramリンクにて更新再開させて頂いております
『FC2ブログ』陰陽之章いんようのしょう
  ●個人ブログで個人的な事やラーメンの事等を書いております

❖ ラーメンブログ ランキング   ❖

        にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 
   👆 元気の源となります ポチっとお願い致します 👆

   

            今回も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!